涼温な家⑤ TIP構法

TIP(ティップ)構法とは・・

力学や物理学等、自然の法則を有効に活用した木造住宅用耐震構法。

在来軸組構法で住宅を建てる場合、通常使用していない施工法(技術)です。

 

【TIP施工中】

 

全体写真は・・

【TIP全体写真】

緑色に見える部分は鉄板で補強されたガセットプレートです。

TIP構法には以下5つの特徴があります。

①ゆれにくい(剛性)

②こわれにくい(強度)

③ねばりつよい(靭性)

④傾きにくい(復元性)

⑤直しやすい(破壊性状)

 

夜には、ライトアップを行いました。

 

涼温な家④ 建て方

【1F床組】

いよいよ木工事のスタートです!

 

【2F床組、胴差】

 

 

【上棟】

 

屋根には・・・・

断熱材2枚敷き(35mm+75mm) 計110mm!!

寒気は上から下へ降りてきます。雪の降る長野地域だからこそ、「断熱」は重要ですね!

涼温な家③ 基礎立上り(浮かし型枠)~コンクリ打設

【基礎立上り枠組】

基礎枠組の形状です。内部をよくみると・・・

強度確保の為、「浮かし型枠」と言って、スラブ面(地面)と接着させていません。

上部の桟木はコンクリ打設時ブレない様に補強しているのですね~

【一体打ち基礎コンクリ打設】

所定位置までコンクリ打設状況です。生コンを一回で打つ、一体打ち工法を取り入れてます。

雨・雪対策でしっかりと養生させます。

涼温な家② 型枠~基礎断熱(ミラポリカ)

【型枠+ミラポリカ設置】

型枠の設置状況です。

型枠内側の白く見えるのが、「ミラポリカ」という商品。

 

 

 

 

 

断熱材なんですが、普通の断熱材よりも固く、

防湿・防蟻・耐震

に優れた外断熱です。

 

 

そしてシロアリ消毒剤を使っていないので、健康被害の心配がありません!

画期的!

その後、第三者機関の検査を受けます。

建物が建つと見えなくなる部分なので、細かくチェック。

涼温な家① 丁張~基礎形状造成

 

【丁張掛け】

建物のラインを決める一番最初の工事です!]

 

 

【基礎根切工事】

今回の基礎形状は”べた基礎”形状。

基礎形状に合わせて、重機で深く掘っているますね~

 

 

【防水シート養生・ラップルベース鉄筋枠組】

白いシートは防水シート。地中の水分が上がって来ない様に養生しています。

溝の周りには、鉄筋組が始まっています。

一気に工事現場らしくなってきた・・・?

それにしても雪がすごい。